FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
耳の神様
2007 / 07 / 29 ( Sun )
かみさんの里の近くに、「耳守神社」という耳の神様が祀ってあるところがあり、去年の暮れに参拝し、そのお礼に行って来ました。

息子・娘共に今年は今のところ、中耳炎にもならず、当然切開もしていません。

息子が幼稚園(年少)に行くようになった2年前の冬から、息子・娘共に中耳炎になり、冬の間はずっと病院にかかっていました。
去年の冬は、週に2,3回耳鼻科に行くこともあり、2~3週間に1回くらい切開していて、多いときは週に2回切開したことも。
(そのせいで耳かきするにも怖がるようになってしまいました)

急性中耳炎を繰り返して、いるうちに息子は滲出性中耳炎になり、チューブ入れる一歩手前まで悪化してしまいました。

もう少し大きくなって、体力が付けば中耳炎にもなり難くなるだろうと少しあきらめている時期もありました。
息子の滲出性中耳炎もどうにか治まり、切開した穴も3ヶ月くらいかかったけど塞がったと思ったら、冬到来。。。

そんな中、去年の年末にかみさんの里に遊びに行ってる時、偶然に耳守神社を見つけました。

いつも通っている道に看板があり見た記憶もありますが、これまでは特に気にすることもなく通り過ぎていました。
神社に行ってみると、絵馬ならぬ竹筒に願い事が書いてありました。
良く見ると、竹筒の両側には節があり、その節を貫通させて紐を通してあります。
この節を耳(鼓膜)に見立てて、耳が通る(よくなる)ようにとの願いのようです。

早速、竹筒を用意して、願いを書き込み再度 耳守神社へ。
願いは息子・娘共に同じで「中耳炎がよくなりますように」と言った内容を書きました。

他の竹筒や参拝記録帳(?)を見ると、結構遠方からお参りに来ている人もいるようでした。
お札も置いてあったので、息子・娘の分で2枚頂いて帰りました。

お参りのご利益があったのか、今年は年明けから今まで一度も中耳炎になりませんでした。
定期的に耳鼻科には行きましたが、いずれも鼓膜はきれいですって。
ご利益あったのかな?
お参りなんて気休めだ、とおっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、それはそれで、我が家は中耳炎にならずにすんで感謝感謝です。


■こんな感じのところにひっそりとあります
耳守神社1


■日本一社とはどんな意味なんでしょう?
耳守神社2


■お社です
耳守神社3


■竹筒はこんな感じでくくってあります
耳守神社4


スポンサーサイト

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

20:46:40 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<飛び火 | ホーム | ラジオ体操(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://88ikuji.blog109.fc2.com/tb.php/20-49e36498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。