スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
節約 : トイレの節水
2007 / 09 / 29 ( Sat )
我が家の節約として、トイレの節水をやっています。

と、言ってもよくあるタンクにペットボトル入れたりするのではなく、
流す回数を減らすという節水です。

ちょっと、お勧めできる方法ではありませんが、息子や娘が小をしたときは
流さずそのまま。
大の場合も、次に誰かがすぐにトイレに入る場合は、そのままで次の人が
用を足して流しています。(健康状態のチェックにもなるし)
これで、結構流す回数は減っています。

子供たちが出す量、特に娘の量はたいした量ではないのに、トイレに行く
回数は多いので、そのたびに流していたのでは水道代が・・・
流石に親は毎回流しますよ。

こんな事はじめたのは、娘がトイレトレーニングを始めて頻繁にトイレに
行くようになったのがきっかけでした。
最初は30分~1時間間隔でトイレに行っていてそのたびに流していましたが、
これでは水道代がかかってしまうということで、はじめました。

おかげで、たぶん節水できていると思うので、環境にも、家計にもやさしい
結果になっているはずです。(あくまでも、たぶん ですが)
娘もパンツマンになれたし、一石二鳥でした。

あとは、子供たちも成長すれば当然量も増えるので、
いつまで続けるかが問題ですね。

スポンサーサイト

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

10:11:49 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
栗の笛
2007 / 09 / 26 ( Wed )
息子のリクエストに答えて、栗の笛を作りました。

これは、先週のドラえもんで紹介された「びっくり栗」をみてまねしてみました。

まず、栗のお尻の方を切り取り、中身をかき出します。
かき出すのに私は小さめのマイナスドライバーを使用しました。
気をつけてかき出さないと、穴を開けた部分がすぐに裂けてしまい、
私はやり直す羽目になりました・・・

栗の笛1


次に、爪楊枝に紐をつけて、爪楊枝を適当な長さに切ります。
この長さは、栗にあけた穴の直径より長めにしないと抜けてしまいます。
紐の爪楊枝と反対側は、子供が振り回す際に飛んでいかないように
輪っかを作ってみました。

栗の笛3


紐の爪楊枝部分を栗の穴に入れて、音が鳴るか試しに振り回してみた
のですが、まったく音がしません。
穴が大きすぎたのかな?などと思いながらもビデオを見返してみると、
栗に爪楊枝を入れるシーンの映像では、栗の頭の方の穴に入れているようです。
穴をあけるシーンでは、お尻の方を切りシーンだけで、頭の方を切るシーンも、
その類の解説もありませんでしたが、試しに頭の方も切って穴を開けてみました。

栗の笛2
(ちょっと失敗して大きな穴に・・・)

映像をまねして、頭の方へ紐の爪楊枝を入れてみました。

栗の笛4


気を取り直して振り回してみると、何とか音が出ました。
でも、小さい音でかなりムキになって回してみましたが、それでも
テレビでやっていたような音は出ませんでした。
自分としては、ナウシカの虫笛をイメージしていたので、ちょっとがっかりです。
やっぱり、穴は一つだったのかな?それとも、穴の大きさかな??

息子、娘に一つずつ渡して、遊ばせて見たらさすがに息子は音が出たのですが、
娘はさっぱりでした。
でも、うまく回らない栗を必死で回そうとしている姿を見ているのも、かわいくて
楽しいものです。

調子にのって回していた息子の栗は、何処かにぶつかったらしく、あっという間に
割れてしまい、音が出なくなりました。。。

また、簡単なおもちゃがあれば、作ってみたいと思います。


関連記事:
  ⇒ブーメランを作りました

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

18:09:10 | おもちゃ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族4人で水族館へ
2007 / 09 / 24 ( Mon )
家族4人で水族館へ行ってきました。(もちろん電車で)

特にこれといったイベントがあったわけではないのですが、
水族館の年間パスポートの期限が切れる前に、元を取るために
という理由で行くことにしました。(^_^;)

新江ノ島水族館の年間パスポートは、2回行けば元が取れるし、
更新の際には期限の3ヶ月前に更新を行うと、+3ヶ月のおまけが
付いてお得です。

息子の幼稚園の遠足で、この水族館に来るし、それ以外にも年に
1~2回は来るだろうから、年間パスポートを購入しても無駄に
ならないだろうということで、購入し更新を行っていました。
が、今回は更新を行いませんでした。
息子の遠足がなくなるし、これでほど行かなくなるかなってことで。

以前にも書きましたが、未だに水槽をじっくり見たことがありません。
見たことのない水槽もあると思います。
前回はスタンプラリーで、今回は「ナマズ」を見るということで、
ほとんどの水槽をスルーしてきました。
9月のテーマ水槽で、「防災の日 ナマズの仲間たち」というイベントを
やっていました。

今回はかみさんも一緒だったのと、デジカメを忘れず持って行ったので、
かろうじて写真を撮ることが出来ました。

水族館1  水族館2  水族館3


順路最後の出口前にある水槽に、こんなイソギンチャクがいることに
初めて気が付きました。

水族館4
(手振れがひどいですが・・・)

次回来るときは、もう少し落ち着いて色々な水槽が見れたらと思います。


関連記事:
  ⇒ 電車で水族館へ



新江ノ島水族館

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

22:17:52 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どじょうの新居
2007 / 09 / 17 ( Mon )
やっと「どじょう」の水槽に、砂を入れることが出来ました。

まずは、知人からもらった粗めの砂をよく水洗いしました。

次に、これまでのペットボトル水槽では、砂を入れて水を入れると
「どじょう」が簡単に飛び出してしまう事が予想されるので、水槽も作り
直しました。

新しいペットボトル水槽に水を入れて、「どじょう」を新居へ引越し
させました。

どじょうの新居1
(左が古い水槽、右が新しい水槽)

引越し後、びっくりしたのか、この高さにもかかわらず、飛び出してしまいました。
その後、落ち着いたのか早速砂にもぐって見せてくれました。

どじょうの新居2


息子は、砂にもぐる動作に、びっくりしていました。
また、砂を吸い込んで、エラから砂が出てくるのにもびっくりしていました。
エラの所が開いたのをみて、切れて血が出たかと思ったみたいです。

息子の物珍しさだけで「どじょう」を飼っていますが、餌を食べるとき砂も一緒に
吸い込んでいて、余計な砂はエラから出していることや、「どじょう」は砂に潜るなど、
本からではなかなか得れない事を、目で見た実体験で得ることができてよかったのでは
ないかと思いました。

余談ですが、「どじょう」の世話をしているときに近所の方に、ペットボトル横に
したら、たくさん動き回れるのでは?って言われて、なるほどと思いました。
飛び出すことを考えて、上に長くとばかり思っていたのですが、結局今回の
ペットボトル水槽でも飛び出したので、そのうち横置きのペットボトル水槽を
作ってみようと思います。
因みに、息子はペットボトル切らずにフタしたらどう?って言ってました。
確かに! フタしたら空気入らないから開けておくとして、確かに飛び出し
にくいよな。

結局、私の発想が一番貧困だったようです。。。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

21:20:47 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ジャガお好み焼き
2007 / 09 / 15 ( Sat )
今日の夕飯は、かみさんが仕事で間に合わないので、子供たちの
分を作りました。

大してレパートリーはないのですが、以前知人宅で食べたジャガイモを
すりおろしたお好み焼きが美味しかったのを思い出し、まねして
作ってみることにしました。

試しで作るので、小さめのジャガイモ2個をすりおろして、
水で溶いた小麦粉、卵は明日の朝食用に残したいので、代わりに
マヨネーズを入れてみました。
野菜嫌いの娘対策として、ピーマンを刻んで入れました。
味をごまかすために、カレー粉も少々。

しかし、なんかかなり水っぽい。
小麦粉を追加したら、だまがたくさん出来てしまいました。。。
それでも、まだ水っぽくこのまま焼いたらもんじゃ焼きの様に
広がってしまうと思い、キャベツの千切りを加えることにしました。

いざ焼いてみると、キャベツのおかげでそれなりに厚みが出てくれて
それっぽくなりました。
焼き始めて思ったのは、火加減は?どれくらいで焼き上がり?
フライパン(約30cm)一杯の大きさをどうやってひっくり返そう等など。

トッピングにとベーコン(豚肉がなかったので)と、とろけるチーズを
用意しました。
ベーコンはひっくり返す前に上面にのせてひっくり返し、チーズは
出来上がり直前にベーコンと同じ面にのせてひっくり返しちょっと
焦げ目が着く程度に焼きました。

皿に盛るときは、お好み焼きの上に皿をひっくり返してのせて、
フライパンごとひっくり返してのせることで、崩れずに盛もれた。
と思ったのですが、こげたチーズをこそぎ落としていなかったので
溶けたチーズがビヨーーンと何十本もの糸を引いたようになって
しまいました。フライパンをひっくり返したまま、フライ返しで
チーズも無事にお好み焼きの上に。

マヨネーズ、ソース、青海苔、おかかをのせて出来上がりです。
ベーコン、チーズが焦げたのと、おかかのかけすぎで、みたは
あまり良くありませんが、出来上がりました。

ジャガお好み焼き


ご飯にお味噌汁、おかずにお好み焼きと関西風ですが、これが今日の
夕食です。

お味の方は、子供たちは思った以上に食べてくれたので、
まぁ食べれる味だったのでしょう。
ほぼ子供たち二人で食べてくれたので、私は一口程度しか食べる事が
出来ませんでした。
でも、たくさん食べてくれたので嬉しかったですけどね。

本日のジャガお好み焼きの反省点は、水が多すぎてキャベツを加えた
せいで、普通のお好み焼きと変わりませんでした。
次回は、キャベツなしで出来るようにして、ジャガの味がわかるように
したいと思います。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

23:51:14 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブーメランを作りました
2007 / 09 / 15 ( Sat )
今朝は朝から息子がブーメランを作って欲しいと言い出していて、
どうしたのか聞くと、どうも昨晩のドラえもんでやっていたようでした。
ビデオを撮っていたので、確認してみたら確かに最後のコーナーで
牛乳パックを使ってブーメランを作っていました。

息子は以前から工作が大好きで、最近は本やテレビで見たりすると、
それを作りたがっているので、そのためでした。

牛乳パックを開いて、そこに横3cm、縦14cmの長方形を3つ書きます。

ブーメラン1


それを切って、3枚を合わせてホッチキスで留めます。
3枚羽のブーメランの出来上がりです。

ブーメラン2


試しに投げてみたら、戻ってきました。
戻ってきたものをキャッチして見せたら、息子は大興奮です。
でも、作ったのは娘用です。
息子は、私が作るのを待てずに自分で作っていました。

ブーメラン3


息子のは、牛乳パックの面をそのまま使った大胆なブーメランです。
最初は、注ぎ口の部分を開いたところまで使っていたので、3枚の羽の
先がヘニャヘニャで思うように飛ばなかったのですが、自分なりに
改良を加えて(切って)、写真のようなブーメランになりました。
不恰好ですが、本人は満足しているようなのでOKです。

外に行って遊ぼうとしたのですが、残念ながら風が強くて外では
戻ってくることはありませんでした。
おかげで、子供たちはすぐ飽きてしまいました。。。

因みに、牛乳パックに書く長方形は、もっとつめて書けば、1本の
牛乳パックで2セット分は作れそうです。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

22:38:41 | おもちゃ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
号外
2007 / 09 / 12 ( Wed )
今日は帰宅時に最寄り駅の改札駅を出たところで、号外を貰いました。
安倍総理の辞任についての号外です。

別に安倍総理について、どうのこうの言うつもりはなく、
ただ、号外をもらったのが初めてだったので。

これまでにも、号外はたくさん出ているだろうし、テレビではよく
号外が配られているシーンを見るのですが、自分はそういった場に
出くわしたことはありませんでした。

そういえば、号外は何か起こったタイミングや、通勤、帰宅時に
合わせて配られていることが多いと思います。
以前は、自分の帰宅時間が大抵終電や、終電後のタクシーだった
ために出くわしたことがなく、貰うチャンスがなかったのかなって
思っています。

内容はともかく、号外がもらえてちょっと得した気分でした。

22:25:59 | パパのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お父さんの分の、アイスクリーム
2007 / 09 / 11 ( Tue )
仕事から帰ってみると、お父さんの分のアイスクリームって
ことで、プリンのカップに昨晩作ったアイスクリームを
子供たちが残してくれていました。

食べてみると、メイプルシロップの風味がして、おいしい。
砂糖少な目もちょうどいい。

かみさん曰く、バニラエッセンスの変わりにメイプルシロップとか
思いつきもしなかったでしょ。って。

はい、確かに思いつきもしませんでした。
くやし~

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

21:29:37 | ただの日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
また、アイスクリームを作りことに
2007 / 09 / 10 ( Mon )
子供たちに好評の手作りアイスクリームですが、昨日も作り
今日も作ることになりました。

材料は、最初に作った時の残りで作っていますが、今日で
終わる予定。
牛乳は500ml、生クリームは200mlだったので、レシピどおりに
前2回作っているので、今回は牛乳の割合が多くなるはず。

しかし、実際には違っていました。
生クリームは1回につき75cc(ml)使っているので、今回は
50cc残っているはずが実際には90cc近くありました。
(15ccの計量スプーンでやっています)

これって、前回までの生クリーム量が少なかった?
それとも、200mlって容器には書いてあるけど実際には
もう少し多めに入ってる?

どちらにしても、予想より多かったので、アイスクリームを
作るうえでは良かったんですけどね。

今回は砂糖少なめにして、かみさんのアドバイスで、バニラ
エッセンスの変わりにメイプルシロップを小さじ1杯程度
少ないくらい入れてみました。

材料を混ぜた時点でなめてみたのですが、結構おいしい。

冷凍庫に入れて、明日のおやつの準備OKです。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

23:15:41 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どじょう用の砂2
2007 / 09 / 10 ( Mon )
海沿いに住む知人が、「どじょう」用にと台風が去ったばかりの海岸から
砂を採取して持ってきてくれました。しかも2種類も。

そういえば、先週「どじょう」の話をして砂をお願いしていました。
(お願いした方が忘れていました。。。)

片方の砂は、自分で採取したのと同じように細かい砂でした。
もう片方の砂は、粒が粗く欲しかった位の砂でした。(やった)

知人曰く、台風のせいでいつもの砂が無くて、黒い砂ばっかりに
なっていたそうです。なんだか砂鉄交じりの砂ばかりに。
本来は、もう少し白っぽい砂だったのにと気にしていましたが、
こちらとして、そんなことは気にも留めませんでしたけどね。

しかし、ちょっと量が多い。。。
2種類の砂はどちらも1Kg近くはあり、電車通勤の私として持って
帰るのにちょっと重い思いをしました。

知人に感謝です。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

20:45:53 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どじょう、ゴメン
2007 / 09 / 09 ( Sun )
今日は「どじょう」のペットボトル水槽に、砂を入れる予定でしたが
結局出来ませんでした。

昨日の続きで、残った材料で再度アイスクリームを作ったり、
かみさんに付き合って買い物のついでに家族で散歩したりしていたら
1日が終わってしまいました。

家族4人で一緒にいられるのは日曜しかないのでこれはこれで
よかったのですが。

「どじょう」ゴメン。
今度の休日には、必ず砂を入れるからね。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

21:40:25 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どじょう用の砂
2007 / 09 / 08 ( Sat )
アイスクリームの材料と散歩を兼ねて出かけたついでに近所の
ホームセンターへ行き、「どじょう」の水槽に入れる砂を見て
きました。

あまり、買うつもりは無かったのですが、値段が安ければと
思い探してみると、250円~300円位であるんですね。

安いといえば安いのですが、水槽もペットボトルで手作りだし、
砂も近所の川か、海沿いに行ったときに採取してくればタダに
なるわけだし。と、あれこれ考えて、自分への購入断念の切り
札に、もう少し粒の粗い物が良いかなって思うことにしました。

あきらめて、材料を買いに行こうとしたのですが、川沿いを
歩いていると先日の台風のせいか、川へと降りれる階段に砂が
結構打ち上げられているので、ちょっと見に行くことに。

先ほどは砂が細かいと断念したのですが、こちらはタダなので
いつまでも「どじょう」にペットボトルの寝床では悪いだろう
と、採取して帰ることにしました。

買い物も終わり、帰宅したのですが、アイスクリーム作らなきゃ
いけないので、「どじょう」の砂は明日の作業に。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

23:05:11 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手作りおやつ「アイスクリーム」
2007 / 09 / 08 ( Sat )
息子の本にアイスクリームの作りかたが載っているのを見つけてきたので、
季節はずれかもしれませんが、おやつに作ってみました。

まずは、材料の確認から。

・牛乳150cc
・生クリーム 75cc
・砂糖40g
・卵1個
・バニラエッセンス少々
・氷大きいボール一杯
・塩氷の 1/3 位

牛乳は冷蔵庫を確認したところ、加工乳だったので、成分無調整の牛乳を
購入することにし、生クリームも、当然のように無かったので購入することに。
バニラエッセンスは香り付けだと思ったので、1回の使用のために購入するのも
もったいないと思ったので、今回は使わないことにしました。
砂糖、塩、氷は家にあるものを使用することにしました。

牛乳、生クリームは計量カップと計量スプーンで用意したのですが、問題は
砂糖です。
うちには”はかり”がなく、どうしようか右往左往しちたら、計量カップに、
”さとう”っていうメモリがありました。
しかし、100g単位でしかメモリが無かったのと、砂糖がおもったより平らに
ならずに、結局適当に40gとなりました。

  手作りアイス1(材料) (左上:生クリーム、右上:牛乳)
 (左下:砂糖、右下:卵)


小さいステンレスボールに牛乳、生クリーム、砂糖、卵をいれてかき混ぜます。
息子、娘もお手伝いしてくれました。

  手作りアイス2 手作りアイス3


息子は、泡だて器を両手で挟んで、キリで穴を開ける様に使う技(?)を見つけて
得意げにやっていました。

十分にかき混ぜて材料が混ざったところで、次は氷で冷やします。
大きいステンレスボールに氷を入れて、塩をふりかけます。
ご存知のとおり、氷に塩をかけると、よりいっそう冷たくなります。
(どんな現象なのか、科学的理由は知りませんが。。。)
見る見るボールの周りが白く凍り付いてきました。

  手作りアイス4
 手作りアイス5


氷を入れた大きいボールに、材料を入れた小さいボールをいれて、
材料を冷やします。

  手作りアイス6


時々静かに混ぜます。
5分くらいすると、かき混ぜるスプーンが多少重くなってきました。
材料が固まりだしたようです。

さらに時間が経つとかなりドロドロとした状態になりました。

  手作りアイス7


さらに冷やして、全体的にシャーベットのようになれば、食べごろです。

  手作りアイス8


ゼリーの入っていたカップによそって、出来上がりです。

  手作りアイス9


息子も娘もおいしい、おいしいと言って食べてくれました。
自分でまぜまぜして作った物だから、余計においしいのでしょうね。
私も食べてみたのですが、思った以上においしくてびっくりしました。
ちょっと、甘めでした。砂糖の量が多すぎたようでした。
味見をしすぎたせいか、カップ3杯ちょっと分しかなく、おかわりは
できませんでした。

これで、手作りおやつのレパートリーが一つ増えました。

また機会があれば、作ってみたいと思います。
材料代と、アイス代、比較はしないことにします。



(作成後記)
本当は、氷だけで出来るのでしょうが、うまくいかず途中から
氷の入ったボールごと冷凍庫にいれて冷やしていました。

氷だけでかき混ぜていて、5分くらいして少し固まってきたのは書いたとおり
ですが、その後30分しても変化がなく冷やし方が足りないのかな?って
思ったので、冷凍庫に入れることにしました。

冷凍庫の入れる前に氷を入れたボールを見ると氷が入っている部分は
凍りつくくらい冷えていたのですが、ダメだった見たいです。

もっと沢山の氷が必要だったのか、氷の1/3という分量をまもらず塩をケチった
せいなのか、ボールに西日と窓からの風が当たっていたせいなのか。
全部かな。

なかなかうまくいかないものだなぁ~。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

20:50:37 | おやつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台風が窓掃除!?
2007 / 09 / 07 ( Fri )
昨日夕方から今朝にかけての台風9号すごかったですね。

部屋に居ても窓に打ち付ける雨風の音がうるさいくらいでしたが、
そのおかげで、窓と網戸はずいぶんときれいになってました。

網戸には、部屋から外に向けて吹く風の時に、部屋のホコリが結構
ついているので、普段の雨風では、良くて網戸のホコリが窓ガラスに
飛ばされて付着するぐらいで、大抵は網戸がぬれる程度でホコリは
塊になるだけです。

しかし、今回の台風の雨風は強力で、網戸のホコリが取れるばかりか、
さらに窓ガラスに着いたホコリの塊もきれいに洗い流してくれました。

でも、喜んでばかりはいられませんでした。
なんと、朝日をさえぎるために設置していた日よけ(洋風すだれ?)が
倒れていました。
両側をしっかりと留めていたはずなのですが、片方が外れてもう片方に
吊り下げられている状態に。

あさから、修復しようかとも思ったのですが、まだ風は収まっていない
ようなので、明日の仕事にとっておくことにして仕事へ出かけました。

台風が来るのに、ベランダの物をそのままにしていた自分が悪いん
ですけどね。
飛んでいって、周りのお宅に迷惑かけないでよかった。

次から気をつけようと思います。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

09:25:16 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
川辺の公園へ行ってきました
2007 / 09 / 02 ( Sun )
今日は、息子の希望で、ちょっと離れた公園へ車で出かけました。
ホント久々に家族4人で公園に行くことにしたので、
普段はめったに行かないマクドナルドへ。
子供たちは大喜びです。大喜びの理由は、ハッピーセットの
おもちゃなんですけどね。

お腹へってて、車の中で食べたいと騒ぐ息子に、公園で食べたほうが
おいしいよ ってなだめながら、どうにか公園へ。
早く遊びたい息子は、さっさと食べ終わり、遊具へダッシュ!

公園には幼稚園の年中さんより小さい子が遊べる遊具のエリアと、
広場に結構長めの滑り台、ブランコがあるエリア、ターザンのように
ぶら下がって遊べるアスレチックエリアがあります。
川沿いの公園なので、川に沿ってかなりの範囲に公園があり、
遊具エリア以外にも自然が堪能できます。

小さい子エリアでしばらく遊んで、満足したのか滑り台エリアへ。
滑り台は、ローラー式なのでダンボール等がないとお尻が
痛くなってしまいます。
この手の滑り台が多いので、ダンボールにロープの取っ手をつけた、
マイ・ソリ(?)を息子も娘も持っています。

滑り台に満足し、ブランコ、アスレチックといつもの流れで移動しつつ
遊んでいました。

いつもならここで、折り返して戻るのですが、今日は更に先に散策に
行くことに。
特に遊具はないのですが、水生生物を観察できるような、遊歩道が
作ってあり、そこを散歩しつつ川岸へ出ました。

川沿いの公園1


そこでは、まず息子が川に対して石を投げ始め、娘も真似して石を
投げていました。

さぁ、そろそろ帰ろうということで、娘はかみさんと来た道を戻り、
息子は諦めが悪く、まだ投石中。
そこで、川の対岸から戻ろうって言ったのですが、

  イヤッ。

ってあっさり断られてしまいました。
そこで、あっちは川のすぐ近くまで降りていけるよって言うと、

  行く行くっ!

単純だなぁ~と思いつつちょっと下流の橋から対岸へ。

対岸の堤防はあまり舗装されておらず、結構雑草なども多く、
遊ぶにはもってこいでした。
息子が知らない昔遊びとして、

 ・葉鉄砲
 ・笹舟
 ・水切りショット

を見せてありました。
いずれにも、面白いように食いついてきて、やり方を教えて遊びました。

まずは、葉鉄砲(正式にはなんていうか知らないけど)は、それっぽい
葉っぱがあったので、
試してみると、ポンッ!って面白いほどいい音が!!(自分でもびっくり)
早速息子にもやり方を教えてやらせて見ますが、うまく音が出ません。
私のに作った物をたたかせてみたり、息子の手の物を私がたたいて
みたりしたのですが、うまく音が出ませんでした。
そんな調子で、すぐに飽きられてしまいました。
確かに、自分が息子と同じ頃、ばぁちゃんに教えてもらったときも、
音が出なかったような気がします。子供の手ではムリなのでしょうか?

次に笹舟ですが、これも笹は無いので、茅のような植物の葉っぱを
使い作って見せました。
そのままでは、興味がなさそうでしたが、川に流して見せると自分で
作りたがりました。(作戦成功!)
ちょっとだけ、手伝って出来上がり、いざ放流。
うまくひっくり返らずに着水し、流れていってくれました。

川沿いの公園2(笹舟) 川沿いの公園3(笹舟)
(左が私、右が息子作)

しばらくして、下流にある笹舟を見つけて

  すっげーっ、あんなところまで行ったっ!!

って、ちょっと興奮してました。

で、次は水きりショット。
これも、やって見せると、自分でやる。やり方教えてって。
なんと、偶然にも1回目で2段が出来てしまい、終了。

あとは、草に絡まっていた釣り糸を拾って、落ちてた棒に結んび、
糸の先端には小さな木切れを結んで即席釣具。
何が釣れるわけでもないのですが、楽しそうに遊んでいました。

川沿いの公園4(釣り?)


そうこうしているうちに、かみさんから早く戻って来いコールが入り合流。

いつもなら、娘もいっしょなので、遊びが制限されるけど、珍しく息子だけの
時間がもてて、息子に合わせた遊びができて息子も満足そうでした。
かみさんと合流してから、あれやったよ、これやったよとうれしそうに
説明していました。

そういえば、こんないも虫も見つけました。久しぶりにこんな大きさのものを
見たので、思わず撮ってみました。
対象物が無いのでわかりづらいのですが、大人の男性の指ほどありました。

川沿いの公園5(いもむしぃ~)


また、今日みたいに、自分が小さい頃に教えてもらった遊びを、
子供たちに教えてあげたいと思います。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

20:54:59 | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どじょうの世話(水交換)
2007 / 09 / 01 ( Sat )
昨晩仕事帰りに「どじょう」のペットボトル水槽をみたら、
やたら白く濁っていました。

水槽が小さいし、砂利も入れてないので、仕方ないかなって
思ったのですが、子供たちが入れる餌の量にも問題がありそうでした。

今日は、朝から息子にも手伝わせて水を交換することにしました。
交換用の水は、数日前からペットボトルに入れてカルキ抜きした水を
使いました。

はじめにペットボトル水槽の水をある程度まで捨てて、そこへ新しい
水を多めに入れて、また水を捨てる。
これを2,3回行い、水を入れ替えました。
途中、「どじょう」が出てしまい、あわてる場面もありましたが、
無事水の交換が出来ました。

交換用の水は、1.5Lのペットボトルを使用していたのですが、
交換に使用した残りは、排水溝周りに流して、水槽の水の生臭さを
流し去るのに使用しました。

これで、「どじょう」も元気になってくれたことと思います。

あとは、砂利を入れるのと、エアーポンプを使うほど大げさでは
ないので、水草があればいいかなと思います。

息子も娘も、この「どじょう」の飼育を通じて何か感じるものが
あればいいのですが。

まっ、とにかく今は、生き物を飼うにはお世話が大変って事が
わかってくれればいいです。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

11:30:07 | ただの日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。